自動車保険の一括見積もり 最大20社
自動車保険をリアルタイム表示 見積もり無料

矢印
あなたの車のメーカーは?
自動車保険 20社

車をたまにしか使わなくなった

自動車保険に入る車を主にどのような使用目的によって利用するかによって保険料は異なります。おおまかに言いますと、日常生活(またはレジャー使用)であるのか、通勤・通学のためか、業務のためか、という3種類に分かれます。日常生活よりも通勤・通学の方が保険料が高くなり、通勤・通学よりも業務使用の方が、さらに高くなるという仕組みです。

日常生活であれば、休日のレジャーや近場の買い物くらいと想定され、事故に遭遇する確率が一般的に低いと想定されます。これに比べて、通勤・通学となると、とにかく毎日車に乗る前提ですので、雨の日も、雪の日もあることを想定すると日常生活よりは事故の確率が高まるわけです。さらに業務使用となると、例えば自営業の人などで品物の配達などの場合、一日中クルマを利用することになるわけで、保険会社から見るとリスクが高まるのです。

このように基本的な考え方としては、車の利用頻度が高いほど事故に遭遇する確率が高いということになるので、使用目的に判定に際してはまず業務使用に該当するかを判定し、該当しない場合に通勤・通学に該当するか判定、いずれにも該当しなかった場合に日常生活に該当するものと判定します。車をたまにしか使わなくなったとなれば、事故に遭遇する可能性が低くなるというのも納得できるでしょう。

業務使用、通勤・通学は、いずれも定期的、かつ継続的にその目的で使用する場合となっています。定期的、かつ継続的とは、年間を通じて週5日以上、または月15日以上使用する場合と想定されています。従って雨の日だけ通勤に使用するというような使い方であれば、通勤・通学にはなりません。また、季節的に使用するような場合は、年間を通じて平均月15日以上使用するかどうかがポイントです。

通勤・通学には、奥さんが最寄り駅まで送迎する場合であっても、上記と同様に「定期的、かつ継続的に」使用するときは通勤・通学となります。また、通学の場合には、各種学校、専修学校、専門学校、幼稚園など、いわゆる学校が対象となりますが、保育園は学校教育法に定める学校ではないので、通学にはなりません。車をたまにしか使わなくなったという人には、保険の見直しをすることをおすすめします。

自動車保険の見直し!

最大19社に自動車保険の無料一括見積もりができます。

各保険会社の特約やサービスをじっくり比較してください!

あなたの条件に合った自動車保険の見直しはこちらから
自動車保険見直し
クリック
矢印11
あなたの車のメーカーは?
矢印2

※車検証・保険証券・免許所を準備しておくとスムーズに見積もりできますよ♪

MENU

Copyright (C) 自動車保険見積もり. All Rights Reserved.