自動車保険の一括見積もり 最大20社
自動車保険をリアルタイム表示 見積もり無料

矢印
あなたの車のメーカーは?
自動車保険 20社

保険金額はどれくらいかけるの?

自動車保険の保険金額はどれくらいかけるのかな!?
保険金額はどれくらいかけるの?

対人賠償保険は『無制限』にすべき?

対人賠償保険は『無制限』にすべきかどうか迷っている人がよくいます。この対人賠償保険とは、自動車事故で他人を怪我させたり死亡させた時、被害者から法律上の損害賠償請求を受けた際に支払われる保険金です。

事故を起こす時は誰も相手を選ぶことはできないので対人賠償保険は『無制限』にすべきかどうかは、どんな車と事故を起こしても大丈夫なように備えることが大切なので、やはり無制限にしたほうがいいということになります。

対物賠償保険は、どれくらいつけるべき?

対物賠償保険は、どれくらいつけるべきか悩む人もいるようです。対物賠償保険とは、自動車事故で他人の持ち物を破損して、法律上の賠償責任が出てきた時支払われる保険金です。

他人の持ち物とは、被害者の車や身の回りの持ち物、家や塀、ガードレール、電柱などとなります。対物賠償保険は、どれくらいつけるべき?かと言えば、普通なら通常の保険金額対応できます。

しかし踏み切り事故の場合は、復旧作業の費用や代行輸送費などがかかり高額請求を受けることにもなります。不安なら対物賠償保険でも、無制限にしておいたほうがいいでしょう。

搭乗者障害保険は、どれくらいつけるべき?

搭乗者障害保険は、どれくらいつけるべきという声をよく聞きます。搭乗者傷害保険とは、車の運転者やその同乗者が自動車事故で怪我したり死亡した際に支払われる保険です。

保険料は、生命保険や傷害保険の多さや人身傷害補償保険を付けているかどうかによって変わってきます。

だから搭乗者障害保険はどれくらいつけるべき?かは、たとえば「生命保険や傷害保険に多く入っているので、人身傷害補償保険などは補償内容が重複するため外そう。」と考える人もいるようです。

中古車でも車両保険を付けるべき?

中古車でも車両保険を付けるべきというのを悩んでいる人がいます。これは車の時価が年月とともに下がるので、車両保険の保険金額は原則的にこの時価によって決まるため、中古車でも車両保険を付けるべき?か迷う人がいるのです。

車両保険は、車の事故による損害に修理代金などが支払われるので必要なケースもあります。

最近では、修理費が新車価格の半分以上なら再購入費の支払いがある車両新価保険特約や修理費が時価額以上になっても実費が支払われる修理支払限度額設定特約が出てきています。

自動車保険の見直し!

最大19社に自動車保険の無料一括見積もりができます。

各保険会社の特約やサービスをじっくり比較してください!

あなたの条件に合った自動車保険の見直しはこちらから
自動車保険見直し
クリック
矢印11
あなたの車のメーカーは?
矢印2

※車検証・保険証券・免許所を準備しておくとスムーズに見積もりできますよ♪

MENU

Copyright (C) 自動車保険見積もり. All Rights Reserved.